2011年06月01日

勉強会を終えて

第三回の勉強会が、先ほど終わりました。


今回の勉強会では、主に学内の問題をテーマとし、大学生活を送るうえで学生やその保護者が抱える不安について議論しました。

被ばくを少しでも避けたいと考える学生に対して、ただ安全と言ってあげることが本当によいことなのか。あらためて、深く考えさせられました。



(by みかん)
posted by fukugenken at 21:32| 福島 ☔| Comment(2) | 大学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
勉強会へ参加させていただきありがとうございました。先生たちのアドバイス、大変参考になり感謝いたします。
このたび「福島大学安全安心な教育環境をめざす保護者の会(仮称)」というブログを立ち上げました。不安をかかえる保護者の方々の交流の場になればと考えています。心当たりがあれば、お声がけ、よろしくお願いします。http://ginga123.blog.ocn.ne.jp
Posted by 高橋 at 2011年06月03日 01:13
こんにちは 活動に敬意を持ちます。
ところで佐藤栄佐久知事のことや現在の知事が推進派であったことはご存知と思いますが、現在の知事のスタンスは基本的には推進派のまま、というか脱原発に向かうのではないと感じます。
基本的な姿勢がこのような要望書を出す結果になっていると思うのです。
http://hiroakikoide.wordpress.com/

もう世界はイタリア、ドイツ、台湾・・・脱原発の方向は間違いありません。

皆さまにおかれましても脱原発の方向を全国的に進めていけるようにベクトルの方向をしっかりと合流させていけるようにお願いします。
Posted by 大津 at 2011年06月07日 07:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。